廃車を群馬で高く売るための3つのポイント

廃車を群馬で高く売るための3つのポイント

自動車税の延滞について

自動車税の延滞について

自動車を所有していると毎年4月1日時点で誰の名義になっているかでその使用者または所有者のもとへ自動車税の納税義務が課せられます。

 

その自動車税を未納のままでいると、どうなるのか知っていますか?

①延滞金が追徴される。

 

②車検が受けられない。

 

③その車を差し押さえされる。

 

④口座を凍結される。

以上のように①から順にレベルが上がっていきます。

 

 

では、自動車税に関してもう少し詳しく説明しましょう。

 

まず、普通乗用車と軽自動車とでは納税する先が違うのはご存知でしょうか?

 

普通乗用車・・・都道府県の税務署

軽自動車・・・市町村区の役場

 

だからと言って、納税義務にはなんの差もありませんが、上記のように自動車税が未納のままの場合車検を受けることができません。また、車検時に自動車税を納めることもできますが、普通乗用車は陸運局にて納税することができるのに対し、軽自動車は直接、市町村区の役場まで足を運ばなければなりません。また、普通自動車は納税証明書が不要ですが軽自動車は必要です。延滞金に関してはその年の8月31日までに納めればかかりません。

 

その日(8月31日)を境に督促が頻繁に来るようになります。封筒の色も最初は水色やグレーで『納税のお願い』といった文面から黄色やオレンジに変わり『いついつまでに支払ってください』最終的には赤い封筒で『警告 差し押さえします』『口座凍結します』などの文面に変わってきます。

 

 

しかし、このあいだに、税務署へ電話などで話し合いができていればそういった文書はほとんど届きません。何度も督促を無視し、納税する意思がないという悪質な場合のみ車両の差し押さえや口座凍結が実行される極めて稀なケースと言ってもいいでしょう。

 

税務署の納税課の担当と話し合いは気軽にしたほうが良いです。彼らも結局は公務員です。ヤミ金の取り立てのような取り立ては一切しません。仮に電話での督促で執拗に支払いを迫られたら担当を変わってもらいましょう。

 

自動車税は1500ccクラスであれば年間で34500円です。この支払いが難しければ分納といって分割での支払いも対応してくれます。とにかく未納のまま放置することは悪い印象しか与えなく差し押さえや口座凍を早期に実行せざる負えなくなりますので、まずは相談することですね!

 

また税務署や市町村区役場は個人の銀行口座を監視できますので預貯金があるにも関わらず未納のままだとその預貯金口座から強制的に引き落としされることもあります。

 

自動車税を納めてない車を売るには

では、自動車税を納めていない車を売るにはどうすればよいでしょうか?

 

売却先の車屋さんや買取店は車の査定と同時に納税の確認をします。そこで未納の場合、買取を拒否する業者もいますが、大半は査定金額から未納の税金を差し引きで買取る業者が多いのです。

 

しかし、査定金額が0円や税金を下回る場合はやはり先に税金を納めるしかありません。。。

 

いえ、一つだけ方法があります!

 

査定0円、査定金額が自動車税以下場合は買取業者に対し、抹消登録を条件に買取してもらい、支払い義務がある税金は税務署に分納のお願いをすれば先に税金を納める必要はありません。

 

 

その場合、車検が数カ月でも残っていれば、重量税と自賠責保険料も還付対象となりますので結果、その還付金で自動車税を納めたり、おつりができたりと得することも多いのです。査定価格に満足いかない場合は抹消した時の還付金まで計算して売却したほうが良いでしょう。

 

 

納税後に売却する落とし穴

また、車を所有しておきながら使用することなく車検切れのまま放置している車には車検が切れた時点で自動車税は停止されます。逆に自動車税を納税後に売却、廃車した場合、その翌月から3月までの月数分の自動車税は月割にして還付されます。

 

意外と知らない方が多いことなんです。納税後まもなく売却すれば『そういえばこの前、支払った税金はどうなるの?』と気づく方入るでしょうが、税金自体を後払い(昨年度の税金)と勘違いしている方が少なくありません。また、良心的な業者さんであれば聞かずとも説明してくれますが、『え?税金込みの査定金額ですよ』と言い包められ損するケースも多いのです。

 

 

税金は払わないといけないものですが、還付されることを知らない方は意外に多いのです。

 

 

業者によい評価を得るためにも査定前には、群馬で廃車を丁寧に洗群馬で廃車し、群馬で廃車内の掃除も済ませましょう。業者の査定員だってあくまでも人間ですし、汚い群馬で廃車を見せられるよりはきれいに手入れされた群馬で廃車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。それだけでなく群馬で廃車に汚れがついていると、群馬で廃車についた傷などが見え辛くなっており、そのことで査定額が落ちることもあります。それから洗群馬で廃車をする場合、外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。群馬で廃車の査定を業者にネットで頼みたい場合ですが、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分なのがわかります。買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、営業の電話がしつこいのは困るなどの理由で、査定をネットで申し込むことに気後れを感じる人もいるでしょう。そんな声が届いたのか近頃は、個人情報特に電話番号を入れなくても買取額が大体わかるようになるサイトもいくつか出現していますので、一度使ってみて自分の群馬で廃車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかもしれません。業者に群馬で廃車の実物を見て査定してもらう際、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者も多数います。自宅を動かないのでとにかく楽で、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は業者に足を運んでもらう出張査定より、買取業者のお店まで運転して行き査定してもらうのが良さそうです。わざわざ出向かせて悪いから、などと思ってしまった場合、なかなか断るのは難しくなるようです。「そろそろ群馬で廃車を売りたいな」となった時、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。でもこれを申し込むことで、買取業者からの営業電話がひんぱんに入るようになりメールでの案内も同様、ということはあらかじめわかっておきましょう。対処の仕方はあります。電話を着信拒否にするため査定申し込み時に携帯番号だけを入れておき、メール書き込み欄には捨てアドレスを入れておきます。そして、オンラインではない実物の群馬で廃車の査定についても業者を一社に決めてしまわず複数使ってみるのが高い査定額に繋がります。中古群馬で廃車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。愛着のある群馬で廃車を安く買われてしまっては無念ですから、そうならないよう、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出してもらうのがよいでしょう。しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と業者が群馬で廃車をちゃんと調べた上で出す査定額は変わってくるものですから、少し気を付けておいた方がいいです。極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるようなたちの悪い業者もいることはいます。中古群馬で廃車の査定についてよく言われることですが、一つの会社にのみに査定を任せてしまうのがおすすめできない訳は違う業者にあたっていれば群馬で廃車はより高い値段で売ることができていたかもしれないのです。ここ最近はインターネットを利用してごく簡単にいくつかの業者に同時におおまかな買取額を集めて比較することができるようになりました。ここは面倒がらずに少し時間を使って、多くの業者によって査定を受けておくと査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。群馬で廃車検が切れた群馬で廃車の査定についてはまったく問題なく査定は受けられますが、群馬で廃車検切れの群馬で廃車の場合公道走行不可ですから、出張査定を選択するしかありません。律儀に群馬で廃車検を通した後で売ろうとするよりも、群馬で廃車検は放っておいて売ってしまう方が、必ずトータルでお得になりますから、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと手間はかかりますがお得なはずです。不幸にして事故を起こした群馬で廃車であっても査定を受けることは可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。とは言っても、事故群馬で廃車であるということを隠そうとしても査定する人には隠しきれないので、印象が悪くなってしまいます。事故でのダメージが相当大きい場合は、事故群馬で廃車専門の買取業者に査定を申し込むといいでしょう。その方がより高い査定金額を提示してくれることも少なくありません。群馬で廃車の査定を受けることになって、その前に、群馬で廃車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと迷う人も多いようです。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、直してしまえば良いのですが、お金を使って修理に出すのはおすすめしません。なぜかと言いますと修理して傷がなくなり、その分査定額が上がっても修理代金の方が大きくなってしまうからで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のまま査定を受け入れるのが良いでしょう。どんなケースでも群馬で廃車の査定は走った距離が短いほど査定にプラスとなります。走った距離の長い方が、その分だけ群馬で廃車の状態が悪くなるからです。とは言っても、走行距離メーターに何か細工を加えると詐欺になりますから、走ったものは諦めましょう。これからは群馬で廃車を売りに出すことまで考えて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。自動群馬で廃車の査定を頼む時は、面倒かもしれませんが、スタッドレスタイヤをつけて出すのではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまうでしょう。もし、状態がいい場合はまとめてスタッドレスタイヤも買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、溝がなくなっていると、処分するためにお金が必要となる場合もあります。一般的に群馬で廃車を査定してもらう流れは、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。中古群馬で廃車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が出されますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実際に査定してもらいましょう。査定の額が充分であると思ったら、契約を行い、群馬で廃車を売りましょう。代金は後日に振り込みされることが普通は多いです。スマホの使用法は多岐にわたりますが、群馬で廃車の査定もやはりスマホから手続きを行なうことができるのです。スマホはあるけどパソコンは持ってないという方もオンラインの一括査定にスマホで申し込めて、時間の短縮になり手間も省けるというものです。できるだけ査定額を高くしてくれる良心的な買取業者を見つけるために、おすすめは一社単独に査定を頼まずにいくつかの会社で査定を受けてみることです。いくつかリリースされている群馬で廃車査定用のアプリがありますが、それらを使うと業者探しの効率がもっと上がりそうですね。群馬で廃車を査定に出す時に覚えておきたい幾つかのアドバイスですが、大事なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、洗群馬で廃車と群馬で廃車内の掃除も行なっておき、群馬で廃車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。言うまでもないことですが、後々変に話が拗れたりすると困るので、事故群馬で廃車であるなど伝えておくべきことはきちんと伝えておくべきでしょう。業者の査定額があまりにも期待外れだったなど、心から納得できない場合はもうそこに売るのはやめ、気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。インターネットを使うことで、群馬で廃車の査定の大体の相場が分かります。大手の中古群馬で廃車買取業者のウェブサイトなどを検索することで、群馬で廃車の買取価格の大体の相場がでてきます。相場を調べておくことで、相場より安く売ることで損をすることもなくなりますから、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。ですが、群馬で廃車の状態次第で変わるため、絶対に相場通りに売ることができるわけではありません。